2008年05月22日

オリッピックを手話で・・・でも中国が!

今もう北京オリンピックどころではない…中国!

何とか頑張ってほしい!


JOC - 日本オリンピック委員会
財団法人 日本オリンピック委員会(JOC)公式サイト


今年8月のオリンピック期間中、聾者もインターネットを通してオリンピックを手話で見ることができ、一般の観衆と同じようにすぐに競技場の情報を知ることができる。

北京工業大学の「オリンピック手話放送」研究の研究成果はすでにオリンピック組織委員会のホームページで採用されており、このようなサービスはこれまでのオリンピックにはなかったものだという。

「オリンピック手話放送」研究によると、技術処理の後、ホームページ上の文字情報を手話画像に転化することができる。
目下の研究成果ではインターネットで語句を識別する速度は毎秒1万字に達し、手話情報と従来の形の情報を同時に発表する必要を満たすことが可能だという。

中国でテントが必要だそうですが・・・日本政府は・・・?
自分たちの分には備蓄してないのでしょうか・・・災害救助用テント

posted by nihon at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。