2008年04月24日

オリンピック・・・北京???

国際オリンピック委員会大統領ジャックロゲは、世界中のいろいろなリーダーによって大会の開会式のありうるボイコットに対する懸念に答えるために、北京で金曜日に記者会見でリポーターと向き合いました。

新華社によると、ロゲはオリンピックのボイコットがスポーツマンを傷つけるだけであると強調しました。そして、世界で最高に向かっている間、その人は彼らの運動能力を示すプラットホームとして国際競争を使います。国際的な声からの一般的なコンセンサスは、オリンピックをボイコットしないことです;しかし、一部の世界的リーダーはいました開会式を出席します、これは北京が大会を主催するために完了した成功した仕事を減らさないと、彼が続けました。

IOC大統領はそれを表しました。そして、大会で存在するべきかどうかについての決定が個々のもので、組織とは無関係です。

大会に参加している間、記者会見の間に持ち出されるもう一つの論争の的となる問題は北京での彼らの滞在の間に彼らの政治的な意見を表すスポーツマンの自由を含みました。この質問にとって、ロゲはスポーツマンには確かに、彼らの意見を明瞭に表現する権利があると答えました;しかし、彼らは主催国で述べられる法律に従わなければなりません。たとえ誰がオリンピックを主催しても、この論理は同じことです。

世界的な聖火リレーの間、起こった少ない破壊的な事件に関して、ロゲは彼が抗議者が大会自体を攻撃するが、その代わりに、彼ら自身のゴールを達成する努力を開始するために大会に置かれる広範囲なメディアの注目を使おうとしたくないと思っていると述べました。

posted by nihon at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94485011

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。